ローソクでハートの形

投稿者: | 2013年12月29日

彼氏との出会いは8年前でした。あの時私も、彼も19歳で大学の新入生でした。彼とは専攻が違うため、初めての出会いは友達の誕生日会でした。その時の服装は今でも覚えています。サッカー部の部員てある彼はあの日極普通の練習用服でした。しかも、練習後そのまま来たので汗臭かったです。でも、私はその匂いに魅力を感じました。今考えたら、本当に不思議です。

私の親友と彼の親友が恋人同士の関係でしたので、その日に彼も誘われたのです。さすがまだ19歳でお酒が飲めない年なので、食事と雑談だけで気分を盛り上がる誕生日会でした。その日誕生日会が終わり、みんなカラオケに行きました。私は割と歌が上手のほうです。彼が注目させるために、女らしい歌を何曲を歌いました。サッカー好きな男子だから歌が下手だと思ったら、彼の歌にビックリしました。本当にうまかったです。その時から、私の心は溶けてしまいました。絶対彼の恋人になりたいと私の中で決めました(笑)

それから、私はサッカー部に入りマネージャになりました。完全に彼のためでした。あの時は恥ずかしさも全くなかったのです。彼の毎日のサッカー訓練、毎回の試合を当然のように見て、応援することになりました。一回彼が練習中に足を捻挫してしまいました。悪いけど、私のチャンスがきたとたと思いました。彼の住んでいるマンジョンに行って毎日ご飯を作ってあげました。料理をうまく作れなかったのですが、彼はすごく感動でした。

そして、足が治った後、クリスマスで私は彼から告白されました。ものすごく幸せな刻でした。金持ちではないから、花束も指輪もなかったのです。でも、火が付いてるローソクでハートの形を並べてくれました。そのハートの中で、私は告白されました。燃えている火のように私の心も燃えていました。その後4年間付き合って別れましたが、今でも忘れられない恋でした。