一目惚れから奇跡の交際へ

投稿者: | 2014年8月4日

私にはお付き合いして7年目になる大切は彼がいます。そんな彼との出会いは、大学校の廊下でした。凛とした姿勢で歩く彼とすれ違った瞬間、私は恋に落ちたのです。一目惚れなんてそれまでしたことが無かったのですが、あれは一目惚れだったのだと思います。話したことも無かった彼の雰囲気に一瞬で吸い寄せられてしまいました。

後々調べてみると、その彼は私と同じ講義をいくつか受講しているようでした。意識して教室内を見てみると、確かに彼の姿をみつけることができました。最初は彼の姿を見つけられるだけで本当に幸せで、会話ができなくても連絡を取り合う仲になれなくてもそれでよかったのです。しかし、人間とは欲の出てくる生き物。周りのみんなが彼氏を作っていく中で、私も彼とお付き合いしたい!まずは連絡を取り合って仲良くなりたい!という思いが出始めてきました。

友人に協力してもらって彼の近くに行ける機会を作ってもらい、メールアドレスを聞き出そうと何度も試みたのですが、あと少しのところでいつも立ち止まってしまいなかなか聞けない日々がしばらく続きました。引っ込み思案な自分に何度嫌気が差したことか…。

そんなある日のこと。彼のすぐ側で講義を受ける機会がありました。私はチャンスだ!と意気込み、声をかけようと試みるのですがなかなか声をかけられずにいました。そんな時、なんと、彼のほうから話しかけてくれたのです。講義に関することを聞かれただけでしたが、私には奇跡に感じました。その講義の後、力を振り絞って連絡先を聞き出したことを今でも鮮明に覚えています。本当に勇気のいることでしたから、一生忘れないと思います。

それをきっかけに毎日のように連絡を取り合うようになり、いつのまにか結ばれていました。本当に大切な出会いになりました。