父の一言で出会いが始った

投稿者: | 2015年2月10日

出会いは趣味の音楽活動でした。自分はネットで歌を歌っていて、彼は音楽を作っていました。
彼がイベントでCDを出すにあたって歌を歌ってくれる人を探していてたまたま私のHPを見つけて歌声が気に入って依頼してきました。

私はその当時プライベートがぼろぼろで精神的に病んでいたのですが、いろいろとチャットで話し合うなかで依頼を承諾しともに作業しました。ネットでのやり取りでしたので、顔はお互い知らないしまあ仕事上の出会いという感じでした。

その後CDを売るイベントに私もご挨拶に行こうとしていたのですが、直前で身内が亡くなりイベントにいけなくなりそうになりました。ぼろぼろの精神状態の中ますますぼろぼろに落ち込む私だったのですが、父が気がまぎれるならちょっと出かけてきたらと言うことでイベントに行くことにしました。そこで始めて彼と顔を合わせました。

CDを売るお手伝いをして、仲間とその後ご飯を一緒にいただいて話をしてお開きになりました。
彼はその時点で私に一目ぼれをしていたそうですが、わたしはそんなことはつゆしらず、久々に楽しい時間を過ごしました。

その後も製作のお手伝いをして、毎日チャットでやりとりをして少しづつ私も前向きになりました。
いろいろオンラインでも問題を抱えていた私はとても慎重になってはいたのですが、それからすべて俺が守ると口を滑らせた彼は私に告白をしてきました。

趣味は合うし、この先これだけ自分を理解してくれる人は現れるだろうかと悩みに悩んでお付き合いを承諾、そして今に至ります。あの日父が出かけてきたらと言ってくれなければ出会うことはなかったのかと思うと出会いとは本当に不思議なものだと思います。